Flora Optima

― あなたの中の百人の名医を呼び覚まそう ―

エッセンシャルオイル

ホルモンバランスを自然に整えてくれる精油

今回は、ホルモンバランスを整えるのに効く精油についてお話したいと思います。

具体的にはプロゲステロン・バランス、エストロゲン・バランス、甲状腺問題の改善、そして男性にはテストステロンの上げ方です。

それらには、以下の三つのオイルが効くとされています―― クラリー・セージ(clary sage)、タイム(thyme)、 サンダルウッド(sandalwood、白檀)です。

① クラリー・セージ

この精油は、エストロゲン(女性ホルモン)の生産を抑えてくれます。
今日、私たちは不妊、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)、エストロゲン由来のガンなど多くの健康問題を抱えていますが、それらは体内での過剰なエスロトゲンから来ています。そこで、もしあなたがPMS(月経前緊張症)に悩まされていたり、エストロゲン過剰になっていると感じるなら、このクラリー・セージ油を使うといいでしょう。

② タイム

これは、プロゲステロン(女性ホルモンの一つ)生産にかかわる精油です。今日、男性も女性も、プロゲステロン値が一般的に低くなっています。プロゲステロン値が低いと、不妊、PCOS、うつ、その他のホルモンのアンバランスに起因する不調につながります。タイムはプロゲステロンの生産を刺激して、このホルモンバランスを整えてくれます。

③ サンダルウッド

サンダルウッド油は、男女とも、テストステロン(男性ホルモン)値のバランスを整えるのにとても有効な精油です。サンダルウッドはまた、天然の催淫剤(媚薬)として、男性のコロンや女性の香水にも使われてきました。実際にうっとりするような、素敵な香りです♡(笑)もし男性で、テストステロン値の低さが疑われるようでしたら、サンダルウッドオイルをココナッツオイルと混ぜて、いろいろな部分の肌に塗り込むと良いでしょう。
なぜなら、精油の分子はとても小さいため、肌に直接付けると、そこから浸透して血流に乗り、体全体に効果を発揮するからです。



―その他、ホルモンバランスを整えてくれる精油―

★ ローズオイル―― これも催淫剤として、また気分を上げるのに効果があります。 いわゆる良い気分になるホルモンであるセロトニンや、脳の神経ペプチドに働きかけるからです。

★ ラベンダーオイル・カモミールオイル――コルチゾール値を自然に下げてくれるので、病気に打ち勝つだけでなく、ストレスを軽減するのに役立ちます。

★ フランキンセンスーー 一般的に、甲状腺機能や自己免疫疾患に最も効くとされています。この精油は炎症を抑えるので、それがコルチゾール値も同時に下げてくれます。

【まとめ】 ホルモンを整えるには、クラリー・セージオイル、タイムオイル、サンダルウッド・オイル(特に男性)が有効です。それらを数滴手に取って、首の後ろに付けてもいいですし、それらを調合して自分だけのパーソナルケア製品(デオドラント、ローションなど)を作ってもいいですね ♪ 

16377_741211115987515_6612182891428920890_n.jpg 

   クラリー・セージの花

#ホルモンバランス  #エッセンシャルオイル  #精油  #トンプソン

トンプソン 真理子
在米20年のメディカル・リサーチャー&著作家。「すべての病は腸から始まる」「食で治せない病気は医者でも治せない」と唱えたヒポクラテスを師と仰ぎ、食と健康との深い関わり、大切さについて気づいてもらうべく日々発信している。 得意分野はリーキーガット、代表著書に「リーキーガット症候群」。

Leave a Response

アメリカはホリデーシーズンに入るため、輸送機関も21日(金)が今年最後の出荷になります。来年の出荷は1/4(金)から再開しますので、ご注文は早めにお願いします。 非表示