Flora Optima

― あなたの中の百人の名医を呼び覚まそう ―

寄生虫クレンズ

寄生虫クレンズ

皆さんは、寄生虫について真剣に考えたことはありますか? 寄生虫? 先進国で? まさか・・それって、戦後や発展途上国の話でしょう、と思われるかもしれません。しかし、近年のCDC(米国疾病対策センター)の報告では、何百万人ものアメリカ人が何らかの寄生虫に現在も感染しており、人口の50%以上が一生に一回は感染したことがある、という事実が発表されています。(この場合の寄生虫とは、ぎょう虫、回虫から、皮膚上に棲むダニ、シラミまで入れたものですが)

海外旅行や食品の輸出入が盛んなこの時代には、「寄生虫感染は第3世界のもの」とも言い切れなくなってきているのです。自分に寄生虫がいるかも、なんて想像しただけでぞっとしますが、いろいろな寄生虫は、消化器官に棲んで、一見ありふれた不調を起こしていきます:疲労感、便秘、下痢、吐き気、胸やけ、頭痛、寒気、胃痛、食欲の喪失など。

これらは、ただ自分が調子悪いだけかな、と思ってしまったりして、まさかそれが寄生虫によって起こっているとは思わないことが多いです。しかし、自分が生の肉や魚をよく食べる、また海外旅行(特に発展途上国への)をしてから体調を崩している、もしかして・・?と思うなら、この際寄生虫クレンズをすることをお勧めします。それは、一定期間抗寄生虫ダイエットをしながら、同じく抗寄生虫作用のあるハーブやサプリメントを摂るといったものです。

まあ、仮に寄生虫が自分の体にいなかったとしても、定期的にお掃除をしてやるのはいいことですし、これは同時に、ミクロの寄生虫ともいうべきカンジダ退治にもなります。

では、どのような食品やダイエットが寄生虫駆除にいいのか見ていきましょう。

 

さまざまな体内寄生虫

 

 

基本となる抗寄生虫ダイエット 

最も大切なのは、あなたの食生活です。体内の寄生虫を駆除したり、これらの寄生虫が寄生している悪玉菌やカビを駆除するためには、しばらく糖類や穀物を完全に排除したダイエット(パレオダイエット的な)をしなくてはいけません。

実際寄生虫クレンズでは、果物のような糖質さえ控えるようにして、肉、魚、卵、種、ナッツ、そしてたくさんの野菜を食べます。

 

次に、寄生虫・カンジダ駆除に良い食べ物です:

● カボチャの種ーー 寄生虫駆除に効くナンバーワン食品。これをおやつにしてもいいし、ブレンダーやグラインダーでパンプキンシード・バターやパンプキンシードオイルを作って食べてもいい。一日カップ一杯ぐらいは摂るようにする。

 ニンニクや玉ねぎ ーー これらの野菜はどちらも、免疫力を底上げしながら寄生虫もやっつける。● ハーブ ーー オレガノやショウガ、クローブなどの特定のハーブには抗菌・抗寄生虫特性がある。

● パパイヤジュース ーー 抗がん効果のあるたんぱく質分解酵素(パパイン)を持つこのジュースには、抗寄生虫効果もある。

● ココナッツオイル -- ココナッツオイルに含まれるラウリン酸とカプリル酸が抗菌・抗ウィルス・抗カビ・抗寄生虫特性を持つ。

● 発酵食品 -- ケフィアヨーグルト、ザワークラウト、キムチ、自家製漬物などが、寄生虫や悪玉菌の見張り役をして、増殖させないようにする。

 

一方、避けるべき食品は:

● 砂糖 -- 寄生虫にエサやりして免疫力も落とす。
● 加工食品 --これも同じく、免疫力を下げる。
● アルコール -- 同じく
● 小麦 -- グルテンを含む穀類は、素早く糖に分解されて腸に炎症を起こす。
● 豚肉 -- 生は寄生虫汚染されていることがある。

 

 

寄生虫クレンズに効果のあるサプリメント

No.1 黒クルミ(Black walnut) (250 ㎎x3 / 日)

ブラック・ウォールナッツは、寄生虫を殺すのに昔からあるハーブ療法です。寄生虫を殺すのが難しい理由の一つが、それが自らをバイオフィルムという膜で覆って、免疫機能や他の毒物が攻撃できない「透明人間」にしてしまうということです( ゚Д゚) ブラック・ウォールナッツはその点、バイオフィルムを分解する特別成分を持っているので、あなたの体の「パトロール隊」がそれを見つけられるようになり、また他の天然の駆虫剤の効果も高めてくれます。

.
.

No.2 ヨモギ(Wormwood) (200㎎x 3 / 日)

ヨモギは、画家ゴッホが自身の耳を切り落とした時に飲んでいた、悪名高い向精神性のあるアルコール、アブサンの原材料でもあります。幸い、ハーブの薬として使われる場合は、精神高揚効果はなく、免疫調節・抗炎症作用がある物質になります。

これは、腸の不調を治すものとして昔から使われてきました。近年の研究では、ヨモギはフラボノイド、テルペン、ステロイドが豊富で、それはすなわち、抗ガン、抗カビ、抗バクテリア、抗寄生虫特性がある、ということになります。

No.3  グレープフルーツの種エキス(GSE) 

グレープフルーツの種エキスは、幅広い菌種に効果的で、かつ人間にも全く安全であることが証明されています。ある研究では、GSEが800種以上のバクテリアと100種類以上のカビに効くことが分かりました! これは、私たちの腸内細菌叢にはないような特定の物質を持っていて、それがその細胞膜を不安定にすることで、寄生虫クレンズに強力な助っ人となります。

No.4 オリーブの葉

ヨモギと同じく、オリーブの葉も医療においてさまざまな応用がされています。これには、侵入者をやっつけるサイトカインの生産を促す強力な物質が含まれています。特に、もっとも根絶が難しいと言われている寄生虫、リーシュマニアに対して有効であることが証明されています。

No.5 パパイヤの種

熱帯地域では、大体どの消化器系問題にも、パパイヤの種が一般的な治療に使われています。それには、寄生虫のライフサイクルを阻害するような特定の脂肪酸が豊富に含まれているため、それらを自然に根絶することができるのです。

 

これらを別々に摂るのが面倒くさいわ、という人には、もうこれらのハーブを合わせたサプリメントが売られています。うちでも、「カンジダの退治」というのを出していますが、基本的にはこれらのハーブはカンジダにも寄生虫にも同じように効果を発揮するので、寄生虫対策にもこちらで大丈夫です。

ちなみに、サプリメントを摂る上で注意したいのは、だらだらと寄生虫クレンズをするのではなく、メリハリをはっきりとすることです。例えば、2週間続ける、1週間お休み、また2週間続ける、など。これは、寄生虫や悪玉菌に耐性を付けさせないためです。

 

その他、ここに詳しくは書きませんが、以下のような食品も寄生虫除去に効果があります。

● アップルサイダービネガー(リンゴ酢)
● (食品グレードの)珪藻土(Diatomaceous Earth)
● Pao d’Arco(ポー・ダルコ)ーー お茶などで売っている
● ガーリック(ただし、生)
● ショウガ(ただし、生)
● オレゴン・グレープ
● アロエベラ

それと、解毒を担う肝臓をいたわってやることも忘れずにーークレンズを行っている間は水をたっぷり飲みましょう。

 

寄生虫クレンズのやり方・まとめ

1.炭水化物や砂糖を厳しく制限しながらパレオ・ダイエットを行う

2.抗寄生虫作用のある食品、スパイス、ハーブをふんだんに食生活に取り入れる。

3.同時に、強力な抗寄生虫・抗カンジダサプリメントを利用する。
(メリハリをしっかりと:2週間オン、1週間オフ、また2週間オン、など)

4.たっぷりの水と肝臓に良いハーブ(マリアアザミ)などで肝臓の解毒を助けるようにする。

 

 

また精油は、強力な天然の薬として、何千年も前から人々の生活で使われてきましたが、その中でも抗菌・抗バクテリア・抗カビ・抗寄生虫・防腐効果の強力な精油はいくつかあります。

寄生虫クレンズにいい精油 

1.オレガノオイル

まず一番に来るのがオレガノオイルです。これは、最もきついオイルの一つで、大昔から天然の抗生物質として使われてきましたが、これは抗菌、抗バクテリア特性だけでなく、抗寄生虫作用も持ち合わせています。
オレガノには、非常に強力な化学成分、カルバクロール(Carvacrol)という物質が含まれていて、それは時に、抗生物質よりも強力で、しかも体に副作用が少ないことが研究結果で出てています。

【注意事項】
● 強力なため、薬の抗生物質と同じく、10日~2週間以上は続けて摂らないでください。ずっと取り続けていると、腸壁に炎症を起こしたり善玉菌を殺しすぎたりするからです。

● 直接原液が肌に触れたり、目などの粘膜に当たると、手がひりひりしたり、焼けただれたりしますのでご注意を!

● 妊婦や乳幼児には使用しないで下さい。

● 内服に使う場合はオーガニックのものを市販の植物性カプセルに1,2滴入れて、また外用に使う場合はココナッツオイルなどのキャリアーオイルと混ぜてお使い下さい。

 

 

2.シナモンオイル(樹皮)

シナモンにも、抗菌・抗カビ特性とともに抗寄生虫効果があります。これを、食べ物に1,2滴混ぜるなどして一定期間続けます。

【注意】
● ここにあげたオイルはどれもそうですが、お肌の敏感な方は、内服・外用ともに炎症を起こすことがあるので、適当に薄めたり注意が必要です。

 

3.ティーツリーオイル

これは、内服ではなく外用にお勧めするオイルです。これは、皮膚上に住むダニなどの寄生虫に効きますから、それによって引き起こされたりする「酒さ(Rosecea)」や「疥癬(Scabies)」にも有効です。
ティーツリーオイル1,2滴を、ココナッツオイル小さじ1杯~大さじ1杯と混ぜてお肌につけます。

 

4.フェンネルオイル

フェンネルオイルはユニークな精油で、これはエストロゲン値などのホルモンを整えてくれるオイルですが、これは消化液を刺激してもっと分泌させたり、胃酸のpHをベストな値にしたりします。これが、寄生虫根絶も助けてくれるのです。
やり方は、フェンネルオイル1,2滴をコップ一杯の水やお茶に加えたり、カプセルに入れて飲んだりします

【注意事項】
● これも、2週間以上使用し続けるべきではありません。
● 妊娠中の方、発作の起こりやすい方はは使用しないでください。

 

5.ヒソップ(Hyssop)

これは、聖書にも登場する精油で、防腐効果があるものですが、これには抗寄生虫特性もありますから、条虫(サナダムシ)、鉤虫、吸虫などの虫下しとして使えます。

2滴をハーブティーに入れて2週間続けて飲むといいでしょう。

【注意事項】
● 妊婦さんは避けること。(ホルモンにも影響することがあるため)
● 痙攣性があるため、一日に30滴以上摂らないこと。

 

6.クローブオイル

クローブも、オレガノオイルと並んで非常にきついオイルです。クローブには、ユージノール(Eugenol)と呼ばれる有効成分が含まれており、抗菌・抗カビ・抗バクテリア、抗寄生虫、また歯科では麻酔剤としても使われたりします。使い方は、同じくクローブオイル1,2滴を水かハーブティー、カプセルに入れて摂ります。

【注意事項】
● これも、2週間以上は続けないこと。
● クローブやオレガノのような強いオイルは、善玉菌も殺してしまう可能性があるため、摂って数時間後にプロバイオティクス・サプリメントなどでフォローアップしてあげること。

 

7.タイムオイル

タイムには、有効成分チモール(thymol)が入っています。チモールは、ホーリーバジルもそうですが、腎臓のや副腎腺の健康を助けます。また、その抗バクテリア・抗寄生虫特性のために、タイムオイル一滴を水に混ぜて飲んだりします。

【注意事項】
● 妊婦さんは摂らないこと。(プロゲステロン生産を促す働きがあるため)
● 高血圧の方、てんかんのある方もタイムオイルの内服はやめて下さい。

 

8.ミルラ(Myrrh)

ミルラ(英語では、籠ってマーと発音する)は、苦みのある精油ですが、苦みのあるミルラのようなオイルは、肝臓に胆汁の生産を増やさせて、解毒を促進したり、内臓のどこかに棲んでいる寄生虫を排出させたりします。これも、1,2滴を水かカプセルに入れて~2週間まで内服します。

【注意事項】
● 妊婦さんは内服しないこと。

 

 

【まとめ】

寄生虫駆除にいいオイルは:

1.オレガノ
2.シナモン
3.ティーツリー
4.フェンネル
5.ヒソップ
6.クローブ
7.タイム
8.ミルラ

 

これらのやり方に従えば、寄生虫があなたの体のどこに隠れていても、ノックアウトすることができるでしょう!

 

 

 

トンプソン 真理子
在米20年のメディカル・リサーチャー&著作家。「すべての病は腸から始まる」「食で治せない病気は医者でも治せない」と唱えたヒポクラテスを師と仰ぎ、食と健康との深い関わり、大切さについて気づいてもらうべく日々発信している。 得意分野はリーキーガット、代表著書に「リーキーガット症候群」。

Leave a Response

合計金額が2万円以上で送料半額(1450円)、3万円以上で送料無料になります。(クーポンの併用はできません) 非表示